置き換えダイエット ドリンク

ドリンク系で味の変化を楽しもう

置き換えダイエットのメリットとして挙げられている事例の中でも、体験した人の声で大きいのが、「自分の好きな食品で置き換えられる」「置き換えるタイミングが自分で選べる」といった自由度の高さを実感した言葉です。

 

一般的なダイエットプログラムでは、長期的に見て食事に対する姿勢や知識、味覚を正常化するためにすべての食事、飲み物までも確実に管理して結果を出す方法が良いとされています。

 

とは言え、こうした食事管理には根気もいりますし、なにより自分の食事に対して相当の手間をかけていける覚悟と自信がなければ続かない可能性も有るのです。

 

そうした点で、置き換えダイエットはさまざまな面で自由度が高いため、モチベーションが下がりにくいと言われているのです。

 

特に、シェイク、酵素ドリンク、粉末スムージーなどドリンク系の場合、組み合わせる飲み物によって毎回味を変えることができます。

 

組み合わせる飲み物等の例としては、水、牛乳、豆乳、炭酸水、ジュース類、ヨーグルト等があり、素材によってはだいぶ味の印象も変わってきます。

 

 

なお、自分で手作りする場合は、ミキサーやシェイカーがあれば、身近な野菜や果物で、グリーンスムージーや野菜ジュースなどをサッと作れてしまいます。

 

特にスムージー類はダイエッターだけでなく、健康を配慮している人々に大人気ですね。

 

 

ただ、ドリンク系のメニューでは、咀嚼することが無いため、満腹感を得にくいというデメリットがあります。
ですので、満腹感を得られやすい食材を選んでいくことがポイントです。

 

手作りする場合、アンチエイジング業界で話題になっているゴマや、女性ホルモンに似た成分を持つ大豆が原料のきな粉、整腸作用のあるプレーンヨーグルトなどをベースにし、デトックス作用で注目されたマンゴーやラズベリー、食物繊維が豊富なセロリ、自然な甘みを出せるオリゴ糖やプルーンなどを使うなどするとよいでしょう。

>>カロリーカットの工夫をしよう



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top