置き換えダイエット おやつ

おやつを低カロリー食品にしよう

置き換えダイエットでは、その手軽さから酵素ドリンクやスムージーなどドリンク系のレシピを導入する人が多いようです。

 

また、手作りメニューですと、いろいろな食材を組み合わせてミキシングしたものを、ゼリー状にしてもったりとした食感を出して足度が上がった、という人もいます。管理人も時々コーヒーゼリーを手作りしたりしてますよ。

 

飲むだけの置き換えダイエットにすぐ空腹を感じてしまう方は、固形に近い状態に工夫することでダイエットを継続してみるとよいでしょう。

 

なお、噛む回数を増やすことは、低カロリー食品でも、それ以外の普通の食事でも心がけておくと良いでしょう。噛むことは、消化が促されるほか、脳に満腹感を伝える助けにもなります。

 

特に、これまで間食が習慣になっていた人の場合、食事と食事のつなぎに、何か口にしないとイライラしてしまうことも多いですよね。そんな場合は、おやつを低カロリー食品に置き換えることを視野に入れてみましょう。

 

スナック菓子の多くは、糖質や油脂分をたっぷりと使っているほか、化学調味料で味付けされています。頻繁に食べる人は食べない人に比べて、より味の濃い食事を好む傾向があるという研究結果もあるのだとか。

 

スナック菓子は、低糖、減塩などの目的でも低カロリー食を実践しようと思っている人にとっては、油断ならない存在だと言えます。

 

間食がやめられないあなたは、材料や味付けにひと工夫して、ヘルシーなおやつを導入してみてはいかがでしょうか。

 

おやつの代表格、ケーキやドーナツなど、本来小麦粉やバターをたっぷり使うものでも、小麦粉の代替品として卯の花(おから)を使ったり、バターの代わりにプレーンヨーグルトを使ったりすると、おやつとしての満足感はそのまま、ヘルシーに仕上がるでしょう。

 

また、手作りするのが大変という人は、ダイエットクッキーを利用してみてはいかがでしょうか?

 

特に、職場での間食がやめられないというあなた、デスクにダイエットクッキーを忍ばせておくのがおすすめです!

>>置き換えダイエットに必要な栄養分とは



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top