置き換えダイエット 体重

置き換えダイエット中の体重の増減に傾向はある?

置き換えダイエット初期は、一般的には体重はトントン減っていきます。これは、体の中で脂肪が使われることが多くなる、脂肪になりやすい余分なエネルギーをカットしているからだと言って良いでしょう。このような状態は、いろいろなダイエット方法で見られる現象で、置き換えダイエットに限ったことではありません。

 

また、体重がなかなかダウンしない「停滞期」と呼ばれる期間を迎える人も珍しくありません。これは、脂肪と筋肉の性質の違いから生じる現象とも言われています。

 

筋肉は、運動によって壊れた組織をその都度修復することで量が増えていきます。栄養となるタンパク質を充分に取り入れた状態と、運動を繰り返す習慣がなければ急速に修復されることは無いので、一般的な生活をしている人では、ゆっくりと形成されていくのが通常です。

 

つまり、体の中で脂肪がダイエットによって減っていくスピードと、筋肉が形成されていくスピードの違いによって、停滞期が生じるということです。

 

人によっては、全く体を動かさないダイエット方法をしている場合もあるため、目標の体重になったとしても、その後体重を増やさないためには何年も食事制限を続けなければならないケースもあります。

 

適度なトレーニングを生活の中に取り入れられるまで、ローカロリーな食生活を続けることも視野に入れておきましょう。

 

ダイエットに運動が必要と言われる理由には、単にウェイトダウンすることが目的だけでなく、健康的な外見を保つ目的もあることを頭に入れておきましょう。

>>生理中でも大丈夫?



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top