置き換えダイエット 飽きる

ダイエット食品1種類だと飽きやすい

置き換えダイエットのデメリット
(3)1種類だと飽きやすい

 

単一の食材を使うにしろ、通販の置き換えダイエット食品を使うにしろ、全く味が変わらないものを長い期間連日食べ続けていくのはストレスが溜まってしまいます。

 

人間はそもそも雑食の生き物で、体の中で自ら合成できる栄養素や酵素などの数が他の動物よりも少なく、いろいろな食べ物から栄養をもらわないと、生きていけないのです。

 

そのため、一種類の食品だけを食べるということは、人間にとってはマイナス要因にもなり、体が欲する食べ物や栄養素を取り入れていかないと、体調不良のトリガーにもなるということです。

 

ですから、味の変化がない食生活は、無意識的にストレスを生じさせている状態と言えるでしょう。

 

こうした点を考慮して、置き換えダイエットを前提に作られた商品では、味にバリエーションを付けたもの(配合されている成分はほぼ同じで、イチゴ味、ヨーグルト味など味の種類を変えているもの)も多く登場しています。

 

また、ここ数年で、置き換えダイエット食品の開発は食品産業の中でも精力的に取り組まれる分野になりました。

 

ローカロリー食品のほとんどが、その特性からカロリー表示や成分表示がされていますので、自分の目的に合ったものでしたら、飽きないように、別のメーカーの食品、違うタイプの食品を利用することもおすすめです。

 

1日ごとに体に取り入れるカロリーの量をコントロールするという大きな目的を忘れずに、置き換えダイエットを進めるのであれば、こうした味の変化も楽しんで実践していくことができるでしょう。

>>デメリット(4)空腹に慣れる工夫と対策が必要



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top