置き換えダイエット リバウンド

置き換えダイエットとリバウンドのリスク

置き換えダイエットのデメリット
(2)リバウンドのリスク

 

「体重が減りはじめた!」「目標をクリアした!」という成功者の声も良く聞かれる置き換えダイエット。

 

しかし、手軽な置き換えダイエットでは、ダイエット終了後に元の状態に戻ってしまう、さらに元の状態よりも太ってしまった、などいわゆるリバウンドの経験談も多いようです。

 

リバウンドの大きな原因は、目標達成後に自分のコンディションに無関心になってしまう、ご褒美としてカロリーの余りに高いメニューを短期間に食べてしまう、といった気持ちの緩みと言われています。

 

置き換えダイエットの場合は、個人差もありますが急激にカロリー摂取を抑制していくことになりますので、抑えられたカロリーで日常生活が送れるように徐々に体質が変化していきます。

 

そのため、体に与えるカロリーが大幅にオーバーすると、消化吸収しきれず胃腸に負担がかかったり、急速な血糖値の上昇でめまいの伴う症状が出たりと、リバウンド以外の心配な症状が現れる可能性もあるでしょう。

 

短期間で成果を得られやすいと言われる置き換えダイエットは、短い期間で終了してしまうケースが多いため、太っていた頃にしていた食生活習慣を再現しやすい側面があることを頭に入れておきましょう。

 

リバウンドしにくくする習慣を取り入れることも大切です。体重を定期的に計測しておく、食べたカロリーを記録しておくなど、直接食事の内容に関わるアプローチでなくても、自分の体のコンディションを常に把握しておくことは、ダイエット中の食生活を維持する助けになるでしょう。

>>デメリット(3)1種類だと飽きやすい



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top