ダイエットレシピ きゅうり

キュウリには味噌を付けるダイエットレシピ

サラダにはマヨネーズやドレッシングなど、ダイエット中の人には使い難い美味しい物が沢山あります。ダイエットレシピでは、これらの材料はなるべく取り入れない工夫がされているのですが、マヨネーズをたっぷりつけてキュウリを丸かじりしたいという気持ちは起きるものです。しかし、マヨネーズは高カロリーの食材ですので、今までダイエットをして頑張ってきたのが無駄になってしまいます。キュウリにマヨネーズをつけて食べるととても美味しいですよね。特に夏場のキュウリはとてもみずみずしく、生で食べるのには最高の季節でもあります。

 

キュウリは、マヨネーズだけではなく、味噌をつけて食べても美味しく頂ける食材です。味噌であれば大さじ1に対してのカロリーは30キロカロリーから40キロカロリー弱です。マヨネーズを付けるとなると、大さじ約100キロカロリーですから、味噌は約3分の1程度のカロリーに抑える事が出来ます。マヨネーズには油などが含まれているのでどうしてもカロリーが高めになるのです。また、最近は低カロリーのマヨネーズもありますが、そのようなマヨネーズでも味噌のカロリー以上はあるわけですからダイエット中の人はカロリーとの戦いとなるのです。



ところで、味噌のカロリーは色々です。味噌という食材は、白味噌、赤味噌、甘味噌、麦味噌などの種類があります。甘味噌は甘いお味噌で、京都などで作られる西京味噌が有名です。甘味噌には糖分が含まれている事からも、他の味噌と比べるとカロリーは高めです。逆に、赤味噌というのは大さじ1あたりのカロリーは約30キロカロリー程度となり、味噌の中では最もカロリーが低い種類になります。カロリーが低いから沢山摂っても大丈夫だと思いがちですが、味噌は塩を大量に含む食材ですから大量に摂取すれば塩分のとりすぎとなってしまいます。味噌は、カロリーは低いけれども、塩分が多いという食材なのです。

 

何事も摂りすぎは厳禁であり、適量をつけてキュウリを食べるのが良いわけです。また、ダイエットレシピでは、ソース作りをする場合この味噌を使い作る事もあります。味噌は味がしっかり付け易い食材であるため、余計なソースを入れる必要が無い事からも味付けし易いという利点があります。普通ならドレッシングを使うものを味噌で代用する事で味をしっかり作り、美味しい料理を作れるという事です。その一例が、先ほどのキュウリにマヨネーズではなく、キュウリに味噌という事でダイエットレシピでは食材の代用という工夫も大事なのです。

>>.ダイエットレシピの基本は?



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top