ダイエットレシピ

ダイエットの基本はゆっくりと食べること

ダイエットをしようとする人は、最近太り始めたからとダイエットをする人もいれば、肥満とさよならをするためにダイエットを始める人も居ます。どのような人でも間食をすれば太り、それが原因でダイエットを始めるきっかけにもなります。よく、就寝前3時間は食べ物を口にしてはいけないと言います。これは消化というものもありますが、代謝の関係で就寝前3時間以内に食べ物を食べるとそれが脂肪へと変わるのです。人間は、生きていく上で必要なカロリーがあります。運動をしている人はその摂取カロリーは高く、常に動く仕事をしている人も同じです。

 

例えば工事現場などで働いている人は肉体労働者といわれることからも、多くのエネルギーを必要とするのです。これは仕事や生活において人それぞれの適した摂取カロリーというものがあり、この摂取カロリーを超えた食べ物を食べることで肥満となりダイエットをしなければならなくなるのです。食事も、ゆっくり食べる人もいれば、早く食べ終えてしまう人もいます。同じ量を食べても、早く食べる人の方が満腹感を感じ易いように思いますが、実はゆっくり食べる人の方が満腹感をより感じているのです。これは精進料理などを食べた事がある人であれば解る話です。



精進料理は、食べ始めから食べ終わりまでにかかる時間はかなり長い時間となります。しかも一品の料理の量は極僅かです。食べ始めの頃はこんなに少ない量ではお腹が満たされないと感じるものです。しかし、最終的に量は少なくても満腹感をちゃんと感じることができるのです。要は、量を食べるのではなく時間をかけて食べることで満腹感を感じるという事です。そのため、ゆっくり食事をする人は早く食べてしまう人よりも満腹感を感じ易いのです。どんなに低カロリーであるダイエットレシピを作っても、早く食べてしまっては意味がありません。

 

ダイエットレシピはカロリーは制限しているものの、量に関してはそれほど制限と言うものは無いのです。そのため、ダイエットレシピにしているから太り難い料理であるという考え方は間違いで、少しでもゆっくり時間をかけて食事を摂る事が重要なのです。そして低カロリーのダイエットレシピでゆっくり食べる事を行う事でダイエットの効果が期待出来るようになるのです。満腹感を感じられれば、むやみに間食をしたりもしなくなりますし、寝る前の3時間に何かを食べようなどとは思わなくなるのです。ダイエットを成功させるかどうかは、カロリーも大切ですがゆっくり食事を摂るという事も重要なことなのです。

>>キノコとバターのレシピ



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top