食物繊維 ダイエット

食物繊維とダイエット記事一覧

食物繊維とは、消化酵素に消化されない成分(難消化性成分)のことです。食物繊維自体は消化されないので、腸まで届き、腸内で発酵することによって効果を表すそうです。食物繊維は、繊維質の野菜や果物に多く含まれており、肉や魚にはほとんど含まれていません。食物繊維は、第二の脳と呼ばれるほど重要な腸の働きを促進します。すなわち、おなかの調子を整える食品であり、便秘や軟便に悩む人には欠かせない食品です。食物繊維は...

ダイエットの雑誌やテレビなどを見ていると、食物繊維が腸に良いということはよく聞きます。でも、食物繊維というのは、いったいどのような働きをするのでしょうか?実は、食物繊維は、消化分解されません。そのため、吸収されない繊維質は腸で余分なものと一緒に排出されるのです。消化されないため、排便の量が増えたように感じますが、便が排出されることにより、防ぐことができる病気もたくさんあるのです。食物繊維には不溶性...

健康、病気、ダイエットといった話になると、たいてい食物繊維の話が出ますよね。私たちの間で、いまや食物繊維はメジャーな成分になっているようです。食物繊維を摂取することで便秘を改善したり、病気を未然にふせぐことができるなどということから、一般に広まっていったのでしょうね。摂取しても、エネルギー源に変わることもなく、体に吸収されることもなく、排出されるものはみな、食物繊維と呼ばれるようです。こんにゃくや...

食物繊維は体のどの部分でも消化されず、吸収もされず、そのまま排便されます。水分を保持する能力が高く、容積を増す効果や粘りがある状態などにし、体外へ排出されます。食物繊維を摂取した場合、食物繊維は水分を要しますから水分の摂取が必要となります。水分を摂らない場合、コロコロの排便になってしまう場合もあるので注意が必要です。和食をバランスよく摂取することで水分や多種の食物繊維を摂取することができるので、排...

食物繊維を日々の食事に取り入れるためには和食が良いとされています。和食を中心としたメニューを摂れない場合、朝は食物繊維が多いと記載されているようなシリアルが良いでしょう。シリアル以外でも、玄米や全粒パンなどに食物繊維が多くふくまれているためお勧めです。朝食以外でも、野菜を中心としたメニューを心掛けるといいでしょう。野菜スープを摂取することで、水分も一緒に摂取できますし、野菜スープに豆を入れることで...

食物繊維はダイエットに効果的と言われますが、食材としてはいったいどのようなものに多く含まれているのでしょうか?一番多く食物繊維が含まれている食材は、海藻類です。その中でも寒天はとびぬけて食物繊維が多い食材です。ダイエットにも効果的で、寒天を摂取することで、胃の中で寒天が膨らみますから、カロリーはないのに、満腹感も得られますし、その後、宿便なども含め排泄されやすいことからダイエットに向いています。ま...

食物繊維は、便秘やダイエットによいとは言われても、日常的に摂るのはなかなか難しいかもしれません。では、手軽に食物繊維を摂取するにはどうしたらよいでしょう?食物繊維を手軽に摂るには、やはりサプリメントの服用が一番簡単です。飲み物にさっと溶かして味を変えずに服用できるような粉末も市販されていますし、炭酸飲料に含まれている物もあります。溶かすタイプの粉末や炭酸飲料での摂取方法ですと、子どもでも摂取しやす...

食物繊維が不足すると、排便の回数が減り、便が固くなり、便秘になるか、もしくは、下痢で頻繁にトイレに行かなければならない状態になります。このような状態になってしまった場合、すでに腸内環境は悪くなっており、腸内では善玉菌が大暴れしています。そのままの状態が続くと、様々な病気のリスクが高まりますし、益々便の状態は悪くなるでしょう。便秘にしても軟便にしても、どちらも普段の生活に差支えますし、仕事をしている...

食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶けやすい水溶性食物繊維の2つの種類があります。消化吸収されずに排出される食物を全て食物繊維と呼びますが、不溶性食物繊維は野菜などにふくまれる筋状の繊維質で、触り心地はざらざらしていたり、ボツボツしていたりする形状です。一方、水溶性食物繊維は粘々しているものとサラサラしているものにわけられ、海藻類や果物、こんにゃくなどに多く含まれています。どちらも...

水溶性食物繊維とは、その名の通り、水に溶けやすい食物繊維のことです。水にとけると粘性になります。ですので、水と一緒に摂取することで、便を柔らかくし、排便を促す効果があります。粘性がある水溶性食物繊維は、血糖値の上昇も防ぐことができたり、善玉菌を増やす効果もあります。さらに、コレステロール値を上がりにくくする作用があり、満腹感も得られやすく、余分な栄養の吸収を妨害しますので、ダイエットにも効果的です...

不溶性食物繊維とは、水に溶けない筋状の食物繊維のことを呼びます。腸の働きを活発にし、有害物質の排出を促します。水を吸収して膨らむので便の量が増え、腸壁を刺激して腸の運動を活発にします。また、筋状のものが多いので、良く噛む必要があり、食べすぎを予防することができます。消化管を通過する時間を短縮させてくれる働きもありますから、便秘気味の人には効果を得られやすいかと思います。下痢がちな人は、不溶性食物繊...

食物繊維は1日どのくらい摂る必要があるかというと、一日に20グラム前後摂取する必要があるといわれているようです。ですが、平均的な摂取量は15グラムにも満たないようです。ですので、年齢・性別にかかわらず、食物繊維の摂取量は足りていない傾向があるようです。健康に気を使っている人が多いと言われる60代であっても、摂取量は足りておらず、意識していても足りていないのが現状です。戦後は野菜中心の食生活でしたの...

日々の暮らしで外食が多い人や野菜が苦手な人の場合、食物繊維の摂取は少し難しいかと思います。そんな場合、どのように食物繊維を摂ればよいかというと、サプリメントを上手に利用してみてください。最近では、飲み物に溶かして飲用する粉末タイプもありますが、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維、両方を含んだサプリメントも市販されています。味も色々でフルーツ系の味からヨーグルト系の味まで様々で、自分の好みによって摂取す...

ダイエットしている人は、食事の量が減ることが多く、宿便が溜まってしまうことがよくあります。宿便が溜まると、体重の落ちも悪くなりますし、お腹も張ったままの状態で、おなかのすっきり感を得ることができないでしょう。そんな時には食物繊維の摂取がダイエット成功のカギとなります。水溶性食物繊維には、寒天やこんにゃくなどカロリーがないものがあります。寒天はお腹の中で膨らみますので満腹感を得られやすくなります。こ...

昔、食物繊維は食べ物のカスとされており、栄養は全くないと考えられていました。ですが、腸の余分な栄養素を排出する効果や、腸の調子を整えるという作用が発見されてから、率先して、食物繊維を摂取する人が増えてきています。世の中は健康ブームですから、お腹の調子を整える役割がある食物繊維はデトックス効果もあり、人気があります。こんにゃくを使ったゼリーが流行り始めたのも健康ブームの一つと考えられるでしょう。最近...

食物繊維を摂取することで予防できる病気はたくさんあります。たとえば、水溶性食物繊維を摂取することで、糖の吸収を緩やかにする働きがあることから、糖尿病の予防に効果があると言われています。そのため、血糖値の上昇に効果がありますし、小腸ではコレステロールの吸収を妨げる効果もあるのでダイエットにも効果的です。また、不溶性食物繊維は便の量を増すことから発がん性物質などの有害物質を排出する作用があります。どち...

現代は、昔に比べて食生活が乱れている傾向があるとよく言われます。それは、食生活が欧米化していることが関係しています。ほかに、戦後、食べるものがなかった時代に比べ、生活が豊かになってきていますので、食べるものに困らず、好きなものを好きなだけ食べるという状態の人が多いことも、原因の一つのようです。そのような食生活を続けると、必ず足りない栄養素が出てきますし、体の調子が悪くなることでしょう。必要な5大栄...

子どもにとって、一日に必要な食物繊維は年代にもよりますが、平均的に15グラム程度が理想とされています。ですが、毎日の摂取量が半分に満たないという結果が出ています。野菜嫌いの子供が多い事やお菓子ばかりを食べ、食事がおろそかになりがちな子どもが増えていることが原因にあげられます。実際、食物繊維を摂取するための頼みの綱は給食であるとさえ言われており、家庭生活での不足が問題となっています。子どもの便秘も日...

食物繊維を使ったレシピですが、不溶性食物繊維を使ったレシピですと、さつまいもご飯や豆ごはんなどが手軽です。といだお米に分量通りになるように、水とだしをいれ、塩、さつまいも、もしくは豆を入れて炊飯器で炊くだけです。こんにゃくやゴボウが入った筑前煮なども、不溶性食物繊維がたくさん入っており、バランスが取れていますのでお勧めです。水溶性食物繊維の一番手軽なレシピは牛乳寒天です。寒天と一緒に水や牛乳、砂糖...

食事の中から食物繊維を摂取することは非常に難しく、頑張って摂取したつもりでいても、意外に摂取量が少ない事もあるかと思います。三度の食事に分けた場合でも一日の摂取量の目安を超えることは難しいでしょう。ですから、食物繊維を普段の食事の中から摂りすぎてしまうということはほとんどなく、摂りすぎを意識する必要はないでしょう。不溶性食物繊維の場合、摂りすぎると、便が固くなる傾向がありますので水分をたくさん摂る...

腸にはどのような働きがあるのでしょうか?腸には小腸と大腸の2種類があり、主に小腸の役割は、消化して、必要な栄養素に分解し、栄養素を吸収する働きがあります。ヒダや、絨毛などで覆われているため、栄養素を効率よく吸収することができるのです。とても長く6メートルから7メートルほどの長さがあり普段はジャバラ状に縮んでいるため。宿便がこびりつきやすくなっています。大腸の働きは水分の吸収や便を送る役割をします。...

腸が正常な動きをしていない場合、肌荒れや体臭、口臭にもつながります。また、疲れやすくもなりますし、様々な生活習慣病を呼び込む原因ともなります。腸内環境を整えるためには規則正しい生活を心掛けることが大切です。ストレスや、睡眠不足、運動不足や、肉食傾向、甘い物好きな人は特に要注意です。そのような腸内環境を悪玉菌は好む傾向であるのです。善玉菌を増やすには食物繊維が良いとされています。他にはヨーグルトや、...

腸には様々な病気があります。たとえば、ストレスによって引き起こされる、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、ウィルスによって感染する、感染性腸炎や、食生活の欧米化によって引き起こされる大腸ポリープなど、様々な病気があります。その他にも、腸の動きが正常ではないと、動脈硬化などをはじめ、脳梗塞などを引き起こすこともわかっています。自分の努力では避けることができない病気もたくさんありますが、普段から腸の動きを正...

口から入った栄養素の大部分は小腸で吸収されています。ですので、腸を綺麗にすることで、誰もが痩せやすい体質づくりをすることが可能となるのです。腸痩せの方法ですが、毎日1.5リットル以上の水分をとり、腸にきくといわれている、食物繊維やビフィズス菌などを積極的に摂り入れ、腹式呼吸やマッサージ、ストレッチなどで腸の血行を良くするというものです。腸痩せを目指す場合、朝ごはんは必ず摂取するようにしましょう。朝...

腸内には、100種類以上、100兆以上の腸内細菌がいるといわれています。排出される便の半分が腸内細菌であると言われており、その細菌を善玉菌、悪玉菌に分けることができます。善玉菌は腸内の環境を整える役割があるのですが、悪玉菌は体に害を及ぼす細菌です。善玉菌の中にはビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌や酵母菌、麹菌など善玉菌の種類も多々あります。善玉菌は摂りすぎたからといって、体に害を与えるものではありません...

水の摂取は、人間にとって非常に重要な問題ですよね。ダイエットでも水を一日2リットル飲むと良いと言われたりしますが、食物繊維を摂取するに当っても、一緒に水を飲むことが重要です。水溶性食物繊維は元々水を含んでいる物が多いのですが、不溶性食物繊維の場合、あまり水を含んでいないのですよね。不溶性食物繊維は水があって膨らみます。水分が少ない場合は、腸内で固くなってしまい、便が固くなってしまうのです。便が固く...

ダイエットをしている人にとって、炭水化物を摂取するときには、同時に食物繊維を摂取することが大切です。食物繊維は血糖値を上げにくくする働きがあります。また、咀嚼回数も増えることからダイエットに効果的な食材と呼ばれています。血糖値の上昇を防ぐだけではなく、血糖値の急降下も抑えることになりますので、腹持ちが良い状態が続き、お腹がすきにくくなるというわけです。炭水化物に含まれる糖の吸収は早いので、食前に食...

体の調子を整える食べ物とは、エネルギーをつくる炭水化物や脂質、体を作る蛋白質、そして、体の調子を整える野菜類です。どの栄養素もバランスよく摂取することで体調を整えることができますし、様々な病気を防ぐためにもバランスの良い食事が重要となるでしょう。野菜類にはビタミンや食物繊維も多いです。野菜は不足しがちな栄養素ですが積極的に摂取するように心掛けましょう。ビタミンは風邪の予防になりますし、食物繊維は腸...

食物繊維には古い歴史があります。古代ギリシャの時代、食物繊維は食べ物のカスであり、余分な栄養素まで全て排出させてしまうと思われていました。食物繊維が多い食品は食感が悪いため、食物繊維が少なく食感の良いパン作りがされていたと聞きます。1930年代、学者が初めて食物繊維と名付け、便秘や大腸炎への改善に効果があることを発見しました。その後、1971年にイギリスの学者が食物繊維の体への影響について発表、世...

食物繊維を摂取することは、ダイエットだけでなく、美容にも良いとされています。というのは、食物繊維を摂取すると、デトックス効果があり、体の外へ毒素を排出してくれる働きがあるからです。女性には便秘がちの人が多いため、日頃から宿便が溜まっている人が多いのではないでしょうか。便通が良くなると、体の血行がよくなりますので、肌のくすみが減ってきます。食物繊維にはビタミンが入っている物もたくさんあるので、食物繊...

和食には食物繊維が多く含まれていると良く言われますが、どんな和食がよいのでしょうか。まず、玄米は食物繊維を多く含む食材で、昔の人が食物繊維を多く摂取していたのは、玄米を食べていたことと関係があるのではないでしょうか。また、豆類や、芋類などにも食物繊維は多く含まれています。日本では古くから煮物やきんとき豆などを食べてきましたから、こういった料理から食物繊維を摂取しやすかったのでしょう。更に、海藻類も...

page top