食物繊維 ダイエット

食物繊維の種類

食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶けやすい水溶性食物繊維の2つの種類があります。

 

消化吸収されずに排出される食物を全て食物繊維と呼びますが、不溶性食物繊維は野菜などにふくまれる筋状の繊維質で、触り心地はざらざらしていたり、ボツボツしていたりする形状です。一方、水溶性食物繊維は粘々しているものとサラサラしているものにわけられ、海藻類や果物、こんにゃくなどに多く含まれています。

 

どちらも整腸作用があり、摂取することで悪玉菌を減らす効果があります。ビフィズス菌など、良い菌が増え、排便に効果がありますのでどちらの食物繊維も摂取することで腸内環境が良くなります。有害なミネラルを排出する効果もありますし、血中コレステロールを減少させ、急激な血糖値の増加を防ぐ効果などがあります。

 

有害物質を取り込んで排出することからデトックス効果もありますし、排便の速度を早くし、排便の量も増やすことから快便になり、日々、快調になることでしょう。毎日の排便がない場合、体臭や口臭にもつながります。便が蓄積されることを防ぐためにも日々どちらの種類の食物繊維もなるべく多く摂取することが必要になります。

 

どちらの食物繊維も腸での働きは違いますので、偏ってどちらかの食物繊維を摂取するのではなく、水分の補給をしながら、バランスよく摂取することで毎日の快便につながるでしょう。体臭、口臭に悩んでいる人はまず、排便回数の見直しをしてみるといいでしょう。

>>水溶性食物繊維とは



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top