水溶性食物繊維 ダイエット

水溶性食物繊維とはなに?

水溶性食物繊維とは、その名の通り、水に溶けやすい食物繊維のことです。水にとけると粘性になります。ですので、水と一緒に摂取することで、便を柔らかくし、排便を促す効果があります。

 

粘性がある水溶性食物繊維は、血糖値の上昇も防ぐことができたり、善玉菌を増やす効果もあります。さらに、コレステロール値を上がりにくくする作用があり、満腹感も得られやすく、余分な栄養の吸収を妨害しますので、ダイエットにも効果的です。

 

こんにゃくいもに含まれているコンニャクマンナンは、水溶性の食物繊維が多く含まれています。ただ、こんにゃく自体は、凝固剤で固められているため、食物繊維が水に溶けにくくなっていることから、コレステロールの吸収率は悪くなりますが、腸内環境を整えてくれる作用は変わりませんし、カロリーが低いのでお勧めできます。

 

そのほか、水溶性食物繊維は、リンゴやミカンなどの果物や、きゃべつやだいこんなどの野菜、海藻類に多く含まれています。比較的、摂取しやすい食物繊維ですので、野菜を中心としたメニューにするだけで簡単に摂取することができます。有害物質を吸収しやすいですし、たくさん摂取したらいけないということは一切ありません。

 

野菜には食物繊維だけではなく、他の栄養素もたくさん含まれていますので、進んで摂取するよう、心がけましょう。
サラダを積極的に摂取することを心掛けている人は体の冷えの心配も出てきますから温野菜にすることで摂取量を増やすことができます。味噌汁にカットわかめを散らすだけでも食物繊維を手軽に摂取することもできます。

 

また、焼のりをご飯にのせるだけでも、塩分などを含まず、簡単に食物繊維を摂取できるので、これもお勧めの方法です。ちょっとしたアイディアで食物繊維を取り入れる工夫をしてみてください。

>>不溶性食物繊維とは?



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top