食物繊維 食生活の乱れ

乱れた食生活で起こること

現代は、昔に比べて食生活が乱れている傾向があるとよく言われます。

 

それは、食生活が欧米化していることが関係しています。ほかに、戦後、食べるものがなかった時代に比べ、生活が豊かになってきていますので、食べるものに困らず、好きなものを好きなだけ食べるという状態の人が多いことも、原因の一つのようです。そのような食生活を続けると、必ず足りない栄養素が出てきますし、体の調子が悪くなることでしょう。

 

必要な5大栄養素にプラスして、食物繊維を日々継続して摂取することで、体の調子があがり、生活習慣病の予防にも効果がでるといわれています。体のエネルギーになる、炭水化物、体の肉や血、筋肉になる蛋白質、エネルギー源になる脂質、体の調子を整えるビタミン、そして体の機能を維持するミネラルが5大栄養素です。どの栄養素にも偏りが出ますと体に不具合が出てきます。また、摂りすぎると生活習慣病になりがちだと言われている、脂質でさえ、全く摂取しなければ肌がかさかさになってしまうのです。普段から一汁三菜と呼ばれる和食を進んで摂取するようにすると、バランスのとれた食生活ができると言われています。

 

5大栄養素の偏りで起こることといえば、免疫機能の低下により、風邪をひきやすくなることが一番軽度な症状です。他にも骨折をしやすくなる場合もありますし、不妊にもつながります。がんになるリスクも増えますので、毎日様々な栄養素をバランスよく摂取し、どの栄養素も1日に必要な摂取量を守れるように努力してください。

>>食物繊維と子ども



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top