食物繊維 腸

腸の働き

腸にはどのような働きがあるのでしょうか?

 

腸には小腸と大腸の2種類があり、主に小腸の役割は、消化して、必要な栄養素に分解し、栄養素を吸収する働きがあります。ヒダや、絨毛などで覆われているため、栄養素を効率よく吸収することができるのです。とても長く6メートルから7メートルほどの長さがあり普段はジャバラ状に縮んでいるため。宿便がこびりつきやすくなっています。

 

大腸の働きは水分の吸収や便を送る役割をします。小腸と違い、ヒダや絨毛などはありません。長さは約1.5メートル程度となっています。水分を吸収しながら、便を固形化する役割を持っています。腸の動き全体がゆっくりであればあるほど、便は腸内に停滞し、水分は吸収され続け、便が固くなってしまいます。

 

腸内の動きが正常であれば、栄養素の吸収後、速やかに便は排出されます。
そのためにも、日々食物繊維を摂取することが大切です。食物繊維は栄養素や、毒素なども、排出させることができますから、宿便も落としますし、腸内の悪玉菌が減ることによって口臭や体臭を防ぐことができるでしょう。

 

腸はストレスに弱いといわれています。ストレスが加わると、腸の動きが鈍くなることがありますし、下痢や腹痛も引き起こすことがあります。なるべく、ストレスで腸に負担をかけないようにするためには、日頃から規則正しい生活を心掛け、毎日の排便をスムーズにすることで腸へのストレスを軽減できると言われています。

>>腸内環境を整えるには



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top