食物繊維 腸内細菌

腸内細菌

腸内には、100種類以上、100兆以上の腸内細菌がいるといわれています。
排出される便の半分が腸内細菌であると言われており、その細菌を善玉菌、悪玉菌に分けることができます。

 

善玉菌は腸内の環境を整える役割があるのですが、悪玉菌は体に害を及ぼす細菌です。
善玉菌の中にはビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌や酵母菌、麹菌など善玉菌の種類も多々あります。善玉菌は摂りすぎたからといって、体に害を与えるものではありません。

 

日和見菌は、善玉菌、悪玉菌のどちらか強い方の味方をするため、善玉菌が優勢の時は良いのですが、悪玉菌が優勢の場合、一緒になって悪さをするという菌です。

 

善玉菌と、悪玉菌は絶えず闘争をしており、善玉菌が優勢であると、排便がスムーズになり、便秘や下痢をひきおこしにくくなります。

 

善玉菌を増やすためには進んでビフィズス菌や乳酸菌などを摂り入れ、毎日の食生活に食物繊維を摂り入れることが必要です。

 

ただ、毎日摂り入れたとしても、食生活が改善されなければすぐに悪玉菌は優勢になってしまいます。肉ばかり好んで食べる人や甘いものが好きな人は特に注意が必要です。男性の場合、お酒ばかり飲む人も悪玉菌が増えやすいので注意してください。

 

食物繊維やオリゴ糖は善玉菌の餌になるといわれています。
善玉菌を優勢にするためにも食物繊維やオリゴ糖は積極的に摂り入れ、腸内環境を正常に保つようにしましょう。発酵食品は摂取することで善玉菌が増えやすいのでおすすめです。

>>水の摂取の重要性



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top