置き換えダイエット食品 選び方

ダイエット食品のタイプを決めよう

置き換えダイエット食品を選ぶ前に

(5)ダイエット食品のタイプを決めよう

 

置き換えダイエット食品と一口で言っても、その種類は多様です。ローカロリー食品にカテゴリされるものは、カロリー数が少ないことが条件ですので、さまざまな食品が該当してきます。

 

しかし、一般的に食材として流通しているローカロリー食品(こんにゃく、豆腐など)の場合には、単品でみると栄養価はそれほど高くなく、限られた種類の栄養素だけを体に取り入れることになってしまいます。

 

そうした点で、一食分、つまり一日の3分の1をカバーする栄養素をきちんととりながら、カロリーカットができる置き換えダイエット商食品に注目が集まっているのです。

 

置き換えダイエット食品の例としては、

 

置き換えダイエット食品のタイプ

 

(1)粉末で、水や牛乳など液体に溶かして飲むタイプ
   ダイエットシェイクグリーンスムージー

 

(2)お湯を加えたり温めたりする雑炊・リゾットなどの食事タイプ
   ダイエットお食事系

 

(3)果物や野菜などの発酵エキスである酵素ドリンクタイプ
   酵素ドリンク紅茶きのこ

 

(4)おからなどを加えて作られたおやつタイプ
   ダイエットクッキー

 

などが現在の主流となっています。

 

手軽で一気にぐっと飲んで済ませられる飲むタイプは常に一定の人気を保っており、続々と新商品が登場しています。ですが、人によっては、きちんと噛んで食べることで満足感が得られるという人も多くいます。

 

充分に咀嚼していると満腹になりやすいですし、消化のサポートに繋がりますので、普段の食事メニューでも意識的に咀嚼を繰り返すことはカロリーの抑制に大きな効果があるでしょう

 

咀嚼を伴うタイプで満足しながらダイエットに成功したという例は少なくないですね。

>>ダイエット食品を選ぶ前に(6)口コミを見てみよう



置き換えダイエットのランキングはコチラ

page top