フルーツ青汁 ビタミンC

フルーツ青汁はビタミンCが豊富!積極的に摂取しよう

 

フルーツ青汁 ビタミンC

 

フルーツ青汁は、一般的に果物や野菜の成分が豊富なため、ビタミンCも多く含まれています。

 

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれます。果物や淡色野菜といった、生で食べる食材に多く含まれているのが特徴です。

 

ビタミンCは熱や酸化に弱く、調理等によって破壊されやすい性質があります。そのため、実際に体内に取り込む事ができる量は減ってしまい、食物に含まれているビタミンCの量の半分くらいしか取り入れる事が出来ないのです。

 

そんなビタミンCをより多く摂るためには、果物は生で食べる事、そしてなるべく加工はしない事です。加工というのはミキサーで粉砕したりする事ですが、ミキサーの刃が高速に回転する際に、摩擦熱を起こしてしまいます。その摩擦熱によって果物に含まれるビタミンCが壊されてしまうのです。

 

また、果物を切り分ける際に、断面部分が空気中に触れる為、酸化していきます。ですので、果物を食べる際は、なるべく包丁を入れたものは、すぐに食べきるようにしましょう。

 

さらに、ビタミンCは水溶性です。そのため、水に溶けやすく、料理の際に水を使用して調理すると、その多くが水に溶け込んでしまい、食材にはほとんどビタミンCが残っていない状態となってしまうのです。

 

ビタミンCは、体内で作る事ができないビタミンです。他の動物は体内でビタミンCを生成する事が出来ますが、人間だけは体内で生成する事が出来ないといわれています。ですので、どうしても食事やサプリメントからビタミンCを取り入れていかなければなりません。

 

ビタミンCは、肌の組織を保つのに必要です。健康のためにも美肌のためにも、ビタミンCは意識して摂取してきたいですね。

page top